本文へスキップ

潜水士に何が大事かを考え、最高のパフォーマンスが発揮出来る教育を目指しています。。

TEL. 0994-35-0011

〒893-0023 鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2

潜術士TECHNICIAN

指導者名
潜術士(JPRCが世界に誇る指導者名です。)
主な任務
潜水士試験対策課程 /公的機関潜水士養成/一般ダイバー養成/安全潜水管理員養成 /安全潜水管理員講義/水難事故対処法講習/事業所への安全潜水講義/潜水事故分析/テロ対策潜水/捜査潜水指導/捜索潜水指導/救助潜水指導/夜間潜水指導/軽装備潜水指導/重装備潜水指導/潜術士養成/その他
潜水指導への道
レクリエーションダイビングや素潜りをする場合においては、免許は必要ないです。但し、潜水を生業とする場合には、日本では、潜水士免許を受けなければなりません。よって、レジャーダイビングにおいても指導する人やガイドしたりする場合には潜水士免許が必用です。言い換えれば、レジャーダイビングでもあっても潜水士免許を受け相応な知識技能を有すれば指導業もできると言うことです。JPRCでは、これからの潜水指導に何が大事かを考えたダイバー養成に励みます。そして、卓越した知識と優れた技能を有した者のみに与えられるJPRCが世界誇る名称が潜術士です。PDF詳細 この、潜術士を志したい方は、わが国の潜水士免許を受けた者であれば何方でもエントリーできます。潜水指導の道へ進みたいとお考えの方は、JPRCの潜術士へ是非、ご参加ください。
センター社所在地
〒893-0023
鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2
→アクセス
TEL. 0994-35-0011
E-mail. info@jprc.jp

パフォーマンス






バナースペース

日本公的機関救助潜水士養成センター

























〒893-0023
鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2

TEL 0994-35-0011
FAX info@jprc.jp