〒893-0025鹿児島県鹿屋市西秡川町1133-25
+81994350011
info@jprc.jp

日本公的機関救助潜水士養成センター


JPRCの潜水パフォーマンス

普通科潜水士養成課程

水難の過酷な現場を知るからこそ基本スキルが大切なのです!

我が国で,最高峰の潜水技能を備えた優れてた潜術士は,厳しくも実践に適した教育をします。

普通科潜水士養成課程

高等科潜水士養成課程

潜水は,大気圧下で空気を吸う人間は,人工的呼吸装置を備えなければ生命を維持することはできないのです。本課程は,普通科課程のスキルが備わっていることが絶対条件です。

軽装備潜水基本:ヘッドファースト潜降

潜水士試験対策課程

要救助者または自力で泳げない人の曳航

高等科潜水士養成課程

安全潜水は何よりも優先

安全を追求するあまりミッションが行えなかったら、スキルが劣っているともいえる。

安全潜水管理者課程

確かな教育

publicの名に相応しい教育はレジャーダイビング技術の習得では,あまりにも安易すぎる。日本公的機関救助潜水士養成センターの教育は豊富な経験から,公的機関専用に研究開発したものです。この確かな教育は我が国でただ一つ日本公的機関救助潜水士養成センターがおこなえます。

課 程一覧

すべては動機からはじまる。

水の呼吸三の型

水の呼吸!それは人間の永遠の望み!

潜水士である以上,水の呼吸は誰しもが望むものである。それができない以上は訓練によってその極意にせまらなければならいであろう。日本公的機関救助潜水士養成センターの潜水教育は,単に潜水技術を教えることにとどまっているわけではありません。

訓練室

潜水パフォーマンス

このページは,暫くお待ちください。

普通科潜水士養成課程

JPRCの潜水士養成の基本カリキュラムです。最終的には専修科課程を受講するために高い基本スキルをこの課程で習得していただきます。

高等科潜水士養成課程

普通科潜水士養成課程を終了し,その項目の技能を習得してる潜水士であること条件です。本課程では,実践的かつ高度な救助項目や捜索項目を習得する優れたカリキュラムです。

潜水士試験対策課程

潜水を業務としたい方は、必ず潜水士免許士取得することが必用です。潜水士試験も難易度も上がり独学では合格が難しいと思います。その導きをJPRCがお手伝いします。

安全潜水管理者課程

事業所の潜水の安全管理を的確に行えるのが安全潜水艦理者です。安全潜水管理者の課程を受講することによりいままで予想されなかった潜水の知識を得ることができ事業所の安全潜水に寄与することができます。

訓 練

水の性質と環境を知ることから潜水訓練は始まります。

JPRCのカリキュラム

我が国で最も優れた救助潜水士養成や捜索潜水士を養成するカリキュラムです。

水中パフォーマンス

日本公的機関救助潜水士養成センターの課程を終了した潜水士のパフォーマンスをご覧ください!違いが分かります。

ロープレスキュー

我が国で唯唯一,ロープレスキューを取り入れている潜水指導機関です。JPRCの上級潜術士は,救助の本場,カナダの防衛研究機関で習得した救助テクニックを機動潜水に無償で提供しています。

洗練されたカリキュラム

日本公的機関救助潜水士養成センターは,我が国の潜水指導の在り方を真剣に考えここにたどり着いたのが公的機関で様々な水難事故に対処する潜水士の確かな技能向上を考えなければならいと思ったからなのです。国民は,公的機関に職する者は,何でも対応してもらえると思い込んでいます。例えば,体育の先生だと体育は万能だと思って地域のスポーツには何にでも引っ張られると同じなんです。こうした国民の負託に応えるためにはできない!部署が違うと言っておれないのです。ましてや各種災害に立ち向かう者の技術はアマチュアと同じ土俵に立っていては国民の生命は守れないのです。このことを日本公的機関救助潜水士養成センターは,考えたとき今、提供できるのはこれまで培ってきた経験と実践から学び取った潜水であると考え,ここに公的機関専用の潜水カリキュラムを作り上げてきたのです。このカリキュラム内容は単に潜水技術だけを指導教育内容ではなく水という環境にそこに生命を維持できない人間が行かなけらばならいとき何が必用かを考え対処する潜水教育こそがもとめるべき潜水教育ではないかと思う気持ちからです。是非、日本公的機関救助潜水士養成センターのカリキュラムで高度かつTHE DIVERを貴事業所に配置していただきたいです

できること!

.JPRCにできることは,多くはありません。JPRCは一貫して潜水指導に取り組んでいるからです。確かに人間は,優れた能力を持っているがそれは専門的ではありません。JPRCが堂々と立ち向かえるのは潜水教育だけです。

こんなことができます

責任の自覚

責任とは,自分の言動や起こしたこと及びその社会を守ることが責任の自覚だと思います。よって潜水指導は人の命を背負ってその業務にあたっていることを思うとき,あれもこれもいった
事はやれないと思うのです。これがJPRCの思う”Professional”です。

安全潜水管理者

法令遵守

JPRCは、日本国の潜水士として法令を遵守した潜水を行います。そのためには遊びの潜水においても自己責任が問われる以上は,潜水への知識技術を命を守る行動が必用です。一人一人がこうした法令を守って遊ぶことにより我が国の潜水事故の予防になるやもしれない。

潜水士試験対策課程

暫くお待ちください

暫くお待ちください

機動潜水士はボランティア活動