〒893-0025鹿児島県鹿屋市西祓川町1133-50
+81994350011
info@jprc.jp

JPRC

日本公的機関救助潜水士養成センター

普通科潜水士養成課程

潜水を知る前に,水の性質とその環境について学びます。軽装備潜水を重要視した教育と重装備潜水での生理的危険度をこの普通科潜水課程で基本を学び取ります。

普通科潜水士養成課程
高等科潜水士養成課程

潜水の生理学を更に高度に学び,救助潜水や捜索潜水においての技術を取得し高等科潜水士としてのメンタルの強化を兼ね備えた教育をします。

高等科潜水士養成課程
安全潜水管理者認定課程

潜水の経験を有し機関から相応な経験があると認めた方が事業所の潜水士の労働安全衛生面から潜水技術知識そして資機材の安全管理全般を担う教育を行います。

安全潜水管理者養成課程
潜術士!公認定者募集。

潜術士,JPRCの潜水教官としての最高峰の称号です。潜術士から受ける潜水教育は優れた潜水士になるでしょう。また,レジャーダイビングの指導にも高い評価をいただいています。JPRCの指導カリキュラムを開催できるのは優れた知識と技能を有している潜術士のみです。あなたもJPRCの潜術士を目指してみませんか!

潜術士への道
機動潜水士!登録受付中です。

我が国で,唯一の民間水難救助・捜索潜水を全国の潜水士がサポートしています。機動潜水士への登録は,潜水士免許を受けた方なら男女問わず登録できます。機動潜水士の活動はあなたの居住する地域を拠点として,潜水事故ゼロへの安全指導や,あなたが事故発生現場に居合わせたら積極的に第一次救助や捜索潜水活動をしていただきます。

機動潜水士への登録
潜水士試験対策課程

我が国で,潜水を業務とする者は,潜水士免許を取得しなければなりません。*労働安全衛生法第61条/高気圧作業安全衛生規則第12条

潜水士試験対策課程

JPRCが得意とすること

豊富な経験と実践から学び取ったスキルを指導教育に反映させ,水の環境の危険度を何処よりも誰よりも熟知し,実践と経験に裏打ちされた確かな教育をします。

指導

確かなエビデンスに基づいた潜水教育は,最高の潜水パフォーマンスを発揮します。

全課程

研究

潜水技術や資機材の開発研究にも力をいれています。救助潜水専用の足ひれの特許も取得しています。潜水技術も長年の経験から独自のエビデンスをもとに,公的機関の潜水士教育に取り入れています。

開発と研究

サポート

民間におけるボランティアで,水難事故に対処するための”機動潜水士”を都道府県に配置しています.。機動潜水士への登録は潜水士免許を受けた方ならどなたでもできます。

機動潜水士
     一挙手一投足

JPRCの潜水パフォーマンスを体験してください。

公的機関の潜水士は,救助潜水や捜索潜水において最大限国民の負託に応える必要があります。そのための必用な潜水技術と知識を高度に習得して,完全且つ安全な潜水活動を成せねばなりません。レクリエーションダイビングと同じ土俵に上がって潜水スキルを取得してもそれは所詮遊びの一環でしかないことを深く感じ取らねばなりません・

優れた教育

潜術士の称号で指導しませんか。

JPRCの業務の数

JPRCの教育を受けた機関は下記の評価を出しています。JPRCの潜水教育の質の高さを充分に理解してもらってるわけではありません。それがクライアント様の75Kと数字に表れています。しかしながらJPRCは公的機関にて潜水士として活動される隊員には高度な知識技能を取得していただきたい熱い気持ちがあります。レクリエーションダイビングに対したは,潜水するその意味を一人一人が理解した上で潜水を楽しんでいただくべく取り組んで新しき時代への潜水改革を行っていきます。

Themes

Clients

Fun

JPRC

 優れた知識と技能を有した潜術士からあなたも潜水教育が受けられます。潜水士免許を受けられた方は,機動潜水士に登録して水難事故ゼロ活動をしましょう。レクリエーションダイビングの教育も積極的に行っています。これまでレジャーダイビング講習を受けたが自分の潜水に疑問を感じている方も受講できまので事故を起こさないためにも今一度,潜水とは何かを問うダイビング教育を受けましょう。

日本公的機関救助潜水士養成センター

確かな潜水教育はTHE JPRC

水とはなにか!そして潜水することの意義とはなにか!公的機関の潜水士養成課程では,PUBLIC DIVERに求められるもの!そしてメンタルの強化を普通科潜水士養成課程から強く指導しています。

潜術士

最高峰の潜水指導者

潜水士の確実な技能習得と安全潜水を潜術士から習得しましょう。潜水とは!を各課程で強く学んでいただきます。それができるのは潜水の最高峰の位置付け称号を持つ潜術士のみです。

機動潜水士,私たちと一緒に活動しませんか。

民間ボランティア水難事故対処

あなたの潜水スキルを,ボランティア活動機動潜水士に登録して発揮しましょう。機動潜水士は,居住する地域で水難事故ゼロ活動や事故発生時にその場に居合わせたとき躊躇なく第一次潜水救助活動や捜索潜水活動ができることです。

公的機関の潜水士

最高の潜水パフォーマンス

これまでレジャーダイビングの潜水指導を受講した公的機関は,今一度,潜水を見直してしてください。本当に!レジャーダイビングのオープンウォーターの技術で対処できますか。水は人間が生きられない死の環境であることを真に知らなければなりません。それを知るためには我が国の潜水教育では,JPRCの普通科潜水士養成課程や高等科潜水士養成課程のみです。

日本公的機関救助潜水士養成センター

確かな潜水教育はTHE JPRC

水とはなにか!そして潜水することの意義とはなにか!公的機関の潜水士養成課程では,PUBLIC DIVERに求められるもの!そしてメンタルの強化を普通科潜水士養成課程から強く指導しています。

JPRC

レクリエーションダイビング

潜水を安全に楽しむ教育

あなたが潜水を安全に楽しむための教育を実施いたします。JPRCは,水とはなにか!そして潜水することの意義とはなにかを常に考え,常に世界水準の情報を取得し指導しています。レジャーダイビングはおおにして指導団体名や認定カードを取得ステータスを自負される方が居ます。レクリエーションダイビングでは安全に遊べれば免許を資格もまったく必用としません。

レクリエーションダイビング

最新の情報

・新型コロナウイルス感染の影響で講習を中止せざえるえなかった2020年の7月・8月は,業務に支障 来す機関もあったと思いますが,早くこのウイルスの影響を受けない生活に戻ることに期待したいと思いすが,潜水事故や水の災害はそんなこと構ってくれません。公的機関の潜水活動は如何なる状況下においても備えは充分にしておくことは極々当然であります。

・9月には,第31期公的機関普通科潜水士養成課程を種子島で開講いたしました。熊毛地区消防組合南種子分遣所の潜水隊員は最新の潜水項目を習得してただきました。

訓練室機動潜水士登録受付中

潜術士の称号を取得して指導者へなろう。

あなたも機動潜水士に登録しませんか?

潜水士免許を取得しましょう。

JPRC