〒893-0025 鹿児島県鹿屋市西秡川町1133-50
0994-35-0011
+81994350011

安全潜水管理・それは妥協なき教育

You Can・・・JPRCで学んでみませんか・・公的機関の潜水士は強靭な精神力でなければならない。

普通科潜水士養成課程

公的機関専用に開発した柔軟且つ高度な基礎潜水講習課程です。

潜水活動は,特に捜索潜水は3次元の活動です。大気圧下では不可能な立体上下の動きそして立体左右の動き,すなわち縦横無尽に動けるのは地球上では水中だけで体感できます。そのための知識と技能を習得するのがこの普通科潜水士養成課程なのです。

高等科潜水士養成課程

救助・捜索潜水活動を実施できる課程として最高なパフォーマンスを持ち備えた,JPRCの技術の粋を結集した課程です。

普通科潜水士養成課程の知識と技能が備わっていることでこの高等科潜水士養成課程の技能を習得できます。潜水士として初めて潜ることの指導を受け応用技能だけを追い求めていると予期せぬアクシデントに遭遇したときの対処が困難となりかねます。

潜水士試験対策課程

潜水を業務とする場合においては潜水士免許を受けなければなりません。

注意;
レジャーダイビングの認定証では業務としての潜水活動はできません。
また,レジャーダイバーが認定証で報酬を得る潜水活動はできません。これはレジャーダイビングの指導員も同じです。

安全潜水潜水管理者

卓越した潜水技能と指揮系統の理念の能力を兼ね備え,潜水全般を管理できる徳操を身に付けた潜水士である。

潜術士

日本公的機関救助潜水士養成センターが世界に誇れる潜水教師です。

潜術士は、レジャーダイビングのインストラクターではありません。潜水の知識や技能は勿論教授できる。冷静沈着に物事を判断できる妄想能力を身につけられ、水の性質と環境を教授する潜水教師であることです。

機動潜水士

地域における水難事故の撲滅を目指した活動を行い、事あらば公的機関の出動より真っ先に活動できる技能を有した民間救助潜水士及び捜索
潜水士です。

潜水士になりますか?

潜水はある意味,単純で水慣れが容易の方は簡単にできてしまうかも知れません?

本当にに単純で簡単でしょうか?
水の環境は人間が生命を維持できない異次元の水中間です。

レジャーダイビングが盛んに行われている現実では、潜水事故も毎年発生しその事故のなかでは命を亡くす事故もあります。


また、事故はレジャーダイビングだけではなく業務潜水現場や公的機関の潜水訓練場所でも発生している事実もあるのです。

レジャー潜は,人間が異次元の環境へ興味を持ち安易に行える,即ち誰もが簡単にできてしまう魔法の遊びなのかもしれないがそこに潜む高気圧障害を知らなければなりません。

潜水を何に役立てますか?

あなたの潜水士像!(何を目的としますか。)

単純な動機で潜水を行うのは大変危険と言わざるをえません。先ず、潜水の基本的知識(水の環境・水の性質・高気圧障害・気象と海象・法令・その他)潜水機具やその目的と使用法などを知識として覚えなければなりません。

情報収集と動機

潜水への動機はなんですか?明確にしなければなりません。単純な動機だけではあなたとそのチームが思わぬトラブルに遭遇すかもしれません。そのためにも潜水への情報収集が必要です。

水性質と環境

水は液体とう流体であること。人間が生命維持装置を付けない限り絶対に生きることはできない環境です。このことをしっかり理解することが大事なのです。潜水事故は,己の技能以上のパフォーマンスを出そうとするからなのです。

知識の習得

知識の習得はとても大事です、今やインターネットの時代でありそして”ChatGPT”へと目まぐるしく進化している現実において潜水機具や医学もどんどん進んでいます。これまでと同じというわけにはゆきません。

潜水への挑戦は続きます!

公的機関にて業務に従事する隊員には潜水活動を実施する方も居ます、それは人命救助だったり行方不明者などの捜索あるいは犯罪に結びつくものの捜索だったりします。

いくら強靭の肉体を持ってしても空気の無い水の環境で人間は生命を維持することはできないのです。


水難事故の依頼は”118”119”110”という電話番号へ繋げます。
公的機関にて潜水をすることは常に実戦であることを忘れてはなりません。
そして生命を維持できない環境であることを忘れてはなりません。

公的機関としての潜水士!

日本公的機関救助潜水士養成センター(JPRC)は、学ことを止めません。世界の潜水事情の情報をいち早く取り入れそれが日本の潜水に通用するかを検証し、潜水士養成課程へ反映させています。


日本公的機関救助潜水士養成センターの潜水教育が指示されているのはこれまでのレジャーダイビングとは違い公的機関の名に相応しい教育ができるからのです。

技能の継承

水の事故を防ぐには,あなたが水の性質と環境を知ることです。

水難事故防止は、事故に至る過程をすべての民が認識することです。それは非常にシンプルで誰もが守れることです。


各地で行われている水の講習会は水難事故が発生してからの取るべき行動を教えています。

本当にそうでしょうか!勿論、発生してからの行動のとりかたも大事ですが事故になる前段に至る考えを教えることが事故を防ぐ初動ではないでしょうか。

前段では今居る場所で発生する可能性のあることを教えることだと思います。例えば、海辺や河原で遊ぶときはそこで起き得ることを教え危険喚起を自分で知ることが大事です。

日本公的機関救助潜水士養成センターも”水で死なない対処”と題して微力ではあるが実践経験の中から実践的に教えています。

安全潜水管理者
THE 潜水士

救助潜水士・捜索潜水士

救助潜水、捜索潜水は事故発生を想定した技能であり訓練です。すべてにおいて発生するであろうことを想定することはとても大事でこれを怠ってなりません。しかし、どうでしょうか!すべてには、基本があり行うための基準がありますが、これを飛び越えた応用訓練だけに特化してはいないだろうか。特に潜水は、人間が生命を維持できない環境であるとを知るならば”軽装備潜水”技術の習得の技能が最も大事であることは容易に理解できます。

日本公的機関救助潜水士養成センターが、軽装備潜水訓練に重きを置いているのは一度、事案に出動たならばその任務を完遂し安全に生還することです。救助潜水、捜索潜水は事故発生を想定した技能であり訓練です。すべてにおいて発生するであろうことを想定し妄想することはとても大事でこれを怠ってなりません。

妄想能力を養う!

高等科潜水士養成課程
潜水をたのしむ!THE fun

レジャーダイビング

JPRCは,すべてのレジャーダイバーへのサポート惜しみません。

レジャーダイビングを始めてる方でダイビングを始める前までは楽しいことを思っていたでしょう。”イザ”始めると余りにもショップの営業に驚かされているのではないですか。(自分の器材があって安全潜水ができるなど?これはお店の営業戦略であると言わざるを得ません。高価な器材をあれもこれも勧められるがままフト気が付くとローン借金して何回かは潜って今度は色々なポイントへ潜るためには直ぐ継続教育と称してこれまた金を継ぎこみやがて辞めていく。このようなレジャーダイバーを嫌というほど見てきました。)あなたは大丈夫ですか?

ダイビングを楽しむはずが器材購入から継続教育の名目であれやかれやとお金の出費にビックリかも知れません。レジャーダイバーが長く続けられないのはここにあると思います。

ショップや指導員はそれが自分たちのせいだとは気づかずいつも商品が売れない、ダイビングする人がいないと年中言っています。これは、商売人の挨拶言葉と言うもんでしょう。

それは自業自得というものです。JPRCはこんなレジャーダイビングの有り方を一掃したい思いで潜水改革に着手しています。誰も安全に自由に楽しめるダイビングを願っています。

ダイビングを始めたい方、既に初めている方で悩みの有る方はご連絡ください。JPRCといっしょに解決への道を歩きましょう。

日本公的機関救助潜水士養成センターは、潜水の歴史を持つ我が国の潜水を世界水準へと導く努力をいたします。

”成せばなる、為さねば成らぬ、何事も、成らぬは人の為さぬなりけり”(上杉 鷹山 名言より。)

どんなことでもやろうと思って努力すれば、必ず実現でき、無理だと思ってあきらめ努力しなければ、決して叶わない。