潜水教育課程

優れた教育はあらゆる潜水パフォーマンスを発揮します
普通科

普通科

潜水士になるためにはこの普通科課程から始まります。人間が命を維持することができない水の環境は水の性質を知ることから始まります。ややもすると潜水する技のみに力点をおいた潜水指導を優先しています。高度な知識と技能を有することができるのは普通科潜水士養成課程を習得した潜水士のみが次の高等科課程へと進めます。        

高等科

高等科

あらゆる環境において最大のパフォーマンスを発揮できる技能を習得できる課程が本、高等科課程です。この課程において捜索潜水から救助潜水法、更なるパフォーマンスを発揮できる技能を有する高度潜水士へと向上します。更には、潜水アクシデントへの対処能力が養われます。       

潜水管理員

潜水管理員

事業所の潜水士の労働安全面から潜水管理までを行えるのが安全潜水管理員です。管理員になるためには既に、潜水士免許を受け潜水経験をを有した潜水士が受講できます。安全潜水管理員の配置は法的な規制は一切ありません。しかし、事業所の労働安全面から考えると教育を習得する意義は大きいと言えます。  

JPRCの歩み

JPRCの歩み

JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターは、優秀な潜術士により最高の教育を行っています。1995年に公的機関職員専用の潜水士養成カリキュラムに着手して約10年の期間において実践的経験をもとに、普通科潜水士養成課程と高等科潜水士養成課程のカリキュラムの作成をすることができました。2005年より本格的に公的機関の潜水士養成に広く活用されています。これからも日本公的機関救助潜水士養成センターは、その時代と環境に適合した安全潜水士の養成に努めてまいります。

JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センター

時代と環境の変化に即応した潜水技能の改革を続けます
潜水の基礎課程を習熟
潜水の基礎課程を習熟
普通科潜水士養成課程
高度な潜水パフォーマンス
高度な潜水パフォーマンス
高等科潜水士養成課程
優れた技能と経験の裏付け
優れた技能と経験の裏付け
安全潜水管理員

JPRCの潜水教育

潜水とは水の圧力への挑戦

FRONT

公的機関普通科潜水士養成課程を個人単位で受講可能にした特別日程です。これまで,潜水に熱き思いを抱いている方へこそJPRCの普通科潜水士養成課程を受講し技術を取得して潜水士としてのパフォーマンスを発揮してもらいたいと考え,事業所単位しか訓練に参加できなかった本、課程を今年度,初めての試みで次の日程で個人でも普通科潜水士養成課程を開講いたします。


特別個人受講 普通科潜水士養成課程

毎年、潜水、海水浴や川遊びによる痛ましい事故のニュースを聞いたり見たりすると楽しいはずの遊びでどうして命まで亡くすことにあるのだろうと思う。

水の季節です!悲惨な事故に遭わないためには、水についての知識を知ってることで防げるのです。

日本公的機関救助潜水士養成センターは、潜水事故や水遊びによる事故を無くすために、市民による水難事故対処法の講習会を7月に行っています。

海や川に出かける前に、水のことをもっと知る水難事故対処法の講習会に参加して楽しい水の季節にしましょう。

”我は海の子白波(しらなみ)の・・・・・千里よせくる海の気(けを
     市民のための水難事故対処法の講習会

”水に浮くことを身につけましょう。”

・首都圏機動潜水士団・・・首都圏で水難事故対処法の講習会に参加したい方
・四国機動潜水士団・・・・四国県内で水難事故対処法の講習会に参加の方
・九州地区で水難事故対処法の講習会に参加に参加したい方は何れも
 日本公的機関救助潜水士養成センターへお問い合わせください。
 お問い合わせはここから → JPRC Contac

機動潜水士総合訓

機動潜水士は2年に一度の総合訓練が開催されます。この訓練は機動潜水士の技術の向上を計ることを最大の目的としています。そして日頃、顔を合わすことがない士の親睦も兼ねていますので自分達が常日頃思っていることや発生した事案などを検証し自分では解決できない諸問題などを出し合って最もいい考えを導き出し潜水事故ゼロの啓発活動に役立てていただきたい願いがあります。機動潜水士は、このように切磋琢磨して他に類をみない捜索潜水、救助潜水の高度な技を持った民間組織とします。


早々に全国へ目を向ける必要はありません。事案が発生して現場に駆けつける!こうした行動は、ボランティア組織では早々にできることではありません。こうした事案が発生する前段の水への安全意識の啓発活動がもっとも必要です。よって自分の居住地域でできる安全活動をすればいいのです。そして出来ると思ったら地域以外へのボランティア活動が行えばいいのです。そのためには、機動潜水士は単なるパフォーマンスに溺れてはならないのです。しっかり学び、発生した事案や起こり得るであろう事案などを妄想し実践検証してイザというときの技術を備えた民間機関であることです。



総合訓練
期  日:2019年8月10日~11日(2日間)
訓練場所:鹿児島県
概要;
8月10
日;机上訓練、各課題に対しての討論形式
8月11日:軽装備潜水訓練/重装備潜水訓練/ロープレスキュー(潜水士として必要)


あなたの潜水の思いを私たちと一緒に活動しませんか!
機動潜水士は、あなたを拘束するものではありません。自分の生活と正職を犠牲にして活動する必要はありません。あなたができる時にできる活動を行って頂ければいのです。
機動潜水士への登録受付中
機動潜水士は、これからの潜水の有りかたを真剣に考えて未来のダイバーたちへ確かな潜水を伝えていきたいと思います。


来たれ熱きダイバーたちよ!


優れた教育の習得は、最高のパフォーマンスを発揮させる!
 JPRCは、常に最新の潜水知識や技能の向上を目指しています。わが国には、レクリエーションダイビング活動を目的とした潜水指導団体が多く存在しています。しかし、日本には、公的機関で潜水活動に従事する職(隊)員用の専門のカリキュラムを持って教育する機関は存在しません。JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターは、レクリエーションダイビング活動をを主とする潜水指導機関でありません。実践的に捜索潜水、救助潜水に立ち向かえる最高のパフォーマンスを発揮できる潜水士養成機関です。



わが国の潜水の歴史は古いのですが、残念ながら潜水技術開発や研究は諸外国に遅れを取ってしまいました。そのためか日本の潜水技術は、その内容も乏しいいのが現実です。その証拠に毎年、潜水事故は発生し、レクリエーションダイビングの指導員も減圧障害に罹患するというお粗末差です。そして、全国では、公的機関の潜水隊員による事故も相変わらず発生し、そのなかには尊い命までも亡くすという悲惨な状況が後を絶ちません。それには、諸々な原因があるでしょうが、先ずは、潜水教育そのものを考えねばならいと思います。JPRC日本公的機関救助潜水士養成センターは、こうして潜水事故や障害を無くすため常に情報の収集に努め更には独自において実践的に技術の検証を行っています。その結果は、潜水士養成課程に取り入れています。よってJPRC日本公的機関救助潜水士養成センターの教育はすべて実践で検証した科目を教育しています。これこそが安全潜水であり高度な潜水士を養成してる秘訣となっているのです。


公的機関の潜水士の資質とは
・優れた基本姿勢
・優れた潜水教育の習得
・整備された装備資機材の確保
・優れた自己研鑽への努力
・優れた徳操の涵養


卓越した知識と技能を持ち得る潜水士の存在は、職場の士気の高さによるところが大きい。


これからの潜水は、れクリエーションダイビングも含め改革しなければならいと考えています。レクリエーションダイビング活動は、誰でもが自由に気軽に、そしてどの遊びよりも安全が保たれ優れた潜術士養成が必要です。そして公的機関の潜水士は、卓越した潜水知識技能を身に着け、国民の負託に真に応え得るプライド高きエリート潜水士であることが必要なのです。その全ての教育を行えるのがJPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターなのです。
潜水の恐さを真に知るのであればJPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターの優れた教育システムを取り入れるべきです。確かに潜水隊として事案出動することを考えるならば費用対効果は数パーセントに満たないかもしれません。潜水隊出動は、数パーセントに満たないかも知れないが事故発生はゼロではないことです。


JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターの養成課程
・普通科潜水士養成課程
・高等科潜水士養成課程
・潜水し試験対策課程
・安全潜水管理員認定課程
・市民水難事故対処法課程
これからの潜水知識技能の習得はレジャーダイビングも公的機関潜水士養成も確かな教育システムの中で潜水指導を受講し安全で実施されなければならないと思います。


 

高等科潜水士養成課程

卓越した潜水パフォーマンスを発揮! 

「卓越した潜水技術」
捜索潜水技術や救助潜水技術の習得は勿論のこと水の性質と環境を充分に理解できる潜水士に養成します。普通科潜水士養成課程で習得した知識と技術の上に高等科潜水士養成技術はあります。よって普通科での潜水技術が習得されていることが絶対条件となります。


「捜索潜水士&救助潜水士」


高等科潜水士養成課程においては,より実践的な訓練を行います。よって普通科課程での技術が未熟な場合は,高等科課程の技術を習得するのは厳しいことが予想されます。最大の到達目標は如何なる水中変化にも的確な判断力で大気圧環境下に帰還する相応な知力・気力・体力そして最終的に単独潜水が成し遂げられる潜水士を養成します。


・高等科潜水士養成課程 受講申込 


第13期訓練生
定員6名
最終申込日
平成30年9月10日
平成30年10月15日(月)~19日(金)
訓練生準備装備器具
・軽装備潜水器具一式
・重装備潜水器具一式
その他の準備器具
新潜水士テキスト(改正対応)
潜水ヘルメット/救命胴衣/肘・膝当て/チューブラーウエビング(4m1本)/ボンベハーネス/ボンベ4本(一人)/フルフェイスマスク/バディロープ(1.5m1本)/カラビナ(3個)/捜索ロープ(5mm~7mm10m1本)/シグナルフロート/リフトバック/水中ライト(フラッシュ機能付)/水中ノート/水中音響信号器/
座学:10月15日(月)
時間:08:30~17:00
場所:錦海漁業協同 会議室(2F)
講義7単位実技:10月16日(火)~19日(金)
単位:28単位
時間:08:30~16:30
場所:姶良市加治木港
提出書類
申込書 ・メディカル表
・潜水士免許写し
・写真(上半身脱帽3cm×4cm2枚)
 第14期訓練生
定員6名
最終申込日
平成30年*月*日
平成30年*月*日(*)~*日(*)
訓練生準備装備器具
・軽装備潜水器具一式
・重装備潜水器具一式
その他の準備器具
新潜水士テキスト(改正対応)
潜水ヘルメット/救命胴衣/肘・膝当て/チューブラーウエビング(4m1本)/ボンベハーネス/ボンベ4本(一人)/フルフェイスマスク/バディロープ(1.5m1本)/カラビナ(3個)/捜索ロープ(5mm~7mm10m1本)/シグナルフロート/リフトバック/水中ライト(フラッシュ機能付)/水中ノート/水中音響信号器/
座学:*月*日(*)
時間:08:30~17:00
場所:錦海漁業協同 会議室(2F)
講義7単位実技:*月*日(*)~*日(*)
単位:28単位
時間:08:30~16:30
場所:姶良市加治木港
提出書類
申込書 ・メディカル表
・潜水士免許写し
・写真(上半身脱帽3cm×4cm2枚)

 


・お申し込み
JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターのWebからお申し込みフォームまたは、電話:0994-35-
0011にてお申し込みをお願いします。*必ず、受講申し込み、メディカルチェック表及び潜水士免許証
のコピーをご郵送ください。


・お問い合わせ先
 日本公的機関救助潜水士養成センター
〒893-0023鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2
電話:0994-35-0011
E-mail:INFO@JPRC.JP(英文字は、すべて小文字に変換してください。*迷惑メール対策!)
お問い合わせフォーム:普通科潜水士養成課程についてのお問合せとお申込み


・ご注意
入金に関しての手数料等はj受講者ご負担となりますのでご了承ください。また、お振込みの名義は、
申込み本人もしくは事業所名でお願いします。
*受講料金のお支払いは、申し込み用紙、メディカルチェック表を受付後、日本公的機関救助潜水士養
成センターより請求書を発行したしますので納入期限内までに指定の金融機関にお振込みください。


・振り込み先
・名義
日本公的機関救助潜水士養成センター
・金融機関名
鹿児島銀行 鹿屋支店
・口座番号
普通口座:3002735


・受講取消しと受講料変換について
お申込み後、受講者の都合により受講を取り消す場合は必ずご連絡ください。その場合についての受講
料等の変換はありませんので予めご了承ください。
*但し、暴動、治安出動、防衛出動、国家的災害において出動及び派遣を余儀なくされる場合は双方協
議の上決定いたします。
*募集定員に満たない場合または日本公的機関救助潜水士養成センターの都合により受講課程を中止に
至った場合は全額返金いたします。


普通科潜水士養成課程


すべては基本から始まる! 
潜水を初めて実施する隊員や既存の隊員で基本の潜水技術の習得に不安がある隊員が積極的に技能を習得する基本課程です。レクレーションダイビングのカリキュラムで潜水士となられている隊員は、必ずこの普通科潜水士養成課程を受講してください。
これまで、多くの機関や隊員から厳しい訓練であったが潜水の基本をしっかり学べて良かったと大変ご好評をいただいている課程です。潜水士になるための基本課程です。ここで学ぶ普通科潜水士の内容が習得されて初めて次の高等科潜水士養成課程へ進むことができます。今後の潜水活動を左右する基本的な知識技術が習得されるカリキュラムです。


「公的機関の潜水士に相応しい」  


普通科潜水士養成課程は,初めて潜水をされる方は勿論ですが、これまで潜水士として活動してきた隊員で基本技術が充分に習得されていない潜水隊員も是非、受講してほしい課程です。ヒトにとって水の環境が如何に厳しく過酷であるかが改めて知る課程でもあります。

 



=毎年、全国各地で多くの水の事故が発生しています。=
人間が生きて生活を営んでいくためには様々なアクシデントや事故があります。
その中において楽しいはずの水遊び(海水浴)において尊い命までも亡くす事故も多くあります。
“水難事故を未然に防ぐ”にはどうすればいいのだろうかと,考える毎日です。事案が発生すれば必ず公的機関の潜水士が出動し事にあたります。JPRCは,このことに重きをおいて,公的機関の 潜水士の技術は確かなものでなけでばならないと考え,常に新しい視点で潜水と向き合っています。JPRCの普通科潜水士養成課程、高等科潜水士養成課程に隊員を受講させた機関へは篤く御礼を申し上げます。

訓練に参加された隊員からは,これまで充分に潜水の事は解っていると思っていたが,7日間の普通科潜水士課程を受講して水の中で事を成す,潜水の厳しさを身を持って知ることができた。などの感想を述べています。JPRCは,これからも潜水士養成課程開催においても飽くなき潜水技術の向上と妥協なき課程訓練を行ってまいります。JPRCの訓練は厳しいとよく言われますが決して厳しいわけではありません。水の環境では、どんな頑強で優れた知力があっても生命を維持していくことはできないからです。開放回路式潜水器具を使用して潜ることは決して難しいことではありません。それゆえに、レクレーションダイビングが盛んにおこなわれているのです。JPRCは、水は怖いです、潜水することは最も怖いです。怖さを知り尽くしてるからこそ潜水士養成には、気力、体力、知力及び瞬時の判断力を習得していただいているのです。このことが厳しいと言われるゆえんではないでしょうか。



・お申し込み
JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターのWebからお申し込みフォームまたは、電話:0994-35-
0011にてお申し込みをお願いします。*必ず、受講申し込み、メディカルチェック表及び潜水士免許証
のコピーをご郵送ください。


・お問い合わせ先
 日本公的機関救助潜水士養成センター
〒893-0023鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2
電話:0994-35-0011
 E-mail:INFO@JPRC.JP(英文字は、すべて小文字に変換してください。*迷惑メール対策!)
お問い合わせフォーム:普通科潜水士養成課程についてのお問合せとお申込み


・ご注意
入金に関しての手数料等はj受講者ご負担となりますのでご了承ください。また、お振込みの名義は、
申込み本人もしくは事業所名でお願いします。
*受講料金のお支払いは、申し込み用紙、メディカルチェック表を受付後、日本公的機関救助潜水士養
成センターより請求書を発行したしますので納入期限内までに指定の金融機関にお振込みください。


・振り込み先
・名義
日本公的機関救助潜水士養成センター
・金融機関名
鹿児島銀行 鹿屋支店
・口座番号
普通口座:3002735


・受講取消しと受講料変換について
お申込み後、受講者の都合により受講を取り消す場合は必ずご連絡ください。その場合についての受講
料等の変換はありませんので予めご了承ください。
*但し、暴動、治安出動、防衛出動、国家的災害において出動及び派遣を余儀なくされる場合は双方協
議の上決定いたします。
*募集定員に満たない場合または日本公的機関救助潜水士養成センターの都合により受講課程を中止に
至った場合は全額返金いたします。


 

安全潜水管理員
 潜水は、とてもデリケート且つ、繊細であり肺呼吸する人間にとって水中において生命を維持するた
めには、何だかの人工的呼吸器具を装備しなければなりません。


 先ず、この人工呼吸器具を知ることから安全潜水は始まっているのです。極、当たり前のように呼吸ができるそことは、もっとも重要なファクターなのです。


 だが、当たり前のように呼吸できるこのシステム(装備)を考えたことがありますか?潜水器具の一個一個は、とても丈夫に作られているのです。あまりにも単純で丈夫が故に、日頃、強く意識して使用することは無いのかも知れません。


 事故の助長は、常にここから始まっているのです。人間は、肺での呼吸が数分途絶えると脳に大きなダメージを受けそして死へと導かれます。潜水においては、この呼吸装置が生命を維持してくれるアンビカルなのです。


 極端に言いますと水中メガネが無くても生命に異常を来すことは無いといっても過言ではありません。しかし、この視界を確保しくれる水中メガネが無かったら人間はどのような心理状態に陥っていくかは、そんなに多く研究された論文等も見られません。


 日本公的機関救助潜水士養成センターは、このことについて自ら、マスク無し潜水を40分間行うという実験をやってみました。この結果は、多くの潜水経験を有してる者の実験結果ですので断言はできませんが相応のことはこの実践結果ら説明はできます。この実験経験から得た内容は講習等でお話します。


 このように、潜水で使用する器材についても、そして潜るための技術の一つ一つが安全潜水に大きく関わっています。安全潜水管理員認定課程は、ある程度の潜水経験を有した潜水士が受講して初めてその意義がります。特に、レクレーションダイビング活動するダイバーは、認定カードの取得に目を向けるのでは無く潜水そのものを深く学ぶことこそが安全潜水に繫がります。


 また、事業所においては労働衛生の安全面から潜水装備品の熟知を知ることが重要です。


潜水方式には大きく区別すると自給気式と送気式に分けることができます。しかし、これらの潜水方式を経験することは難しいかも知れません。


 安全潜水管理員は、このすべてを知識として知ることが必要でしょう。そのために安全潜水管理員課程は存在するのです。この課程で更に潜水について考え、そして知ることが出来ます。


 必ずや、事業所の安全潜水、そして個人の安全潜水活動ができることに繫がり潜水事故ゼロへの活動の一環ともなることでしょう。


 潜水の安全は、潜水士一人一人が心がけねばならいのです、その手助けをするのが日本公的機関救助潜水士養成センターの開催する安全潜水管理員課程なのです。

            


機動潜水士
機動潜水士とは、潜水に熱き思いをよせている民間ダイバーのボランティア活動組織です。機動潜水士への入団は、真に潜水と向き合い、潜水とはなにか、これからのダイビング活動はどうあるべきかを考えて行く民間潜水士集団でもあります。近年、世界的に水災害が発生しまた楽しい水遊びで亡くなるという痛ましい事故も多く発生しています。わが国においても水の事故による死亡者が多く、ほとんどが楽しいはずの水遊びで発生しています。このことに対し、民間においても水難事故に対処し得る組織が必要と考えました。そして、2016年10月に機動潜水士の名称で安全潜水の啓発活動ができるのはダイビング活動をしている一般の方々である。それは、海が好きでダイビング活動を自主的に始めたあなたの潜水スキルを活用できるからです。諸外国には様々民間ボランティア組織が存在するが先進国と言われる日本にはほぼ皆無と言っていいいくらいです。ここに機動潜水士という名称で発信したのは、例え、民間組織であっても事案に対処する行動を起こすには、今の潜水知識や技能ではどうしても足りないこともあります。そこは、機動潜水士間において”ともに考え”ともに学ぶ”という姿勢が必要なのです。公的機関の隊員達と同等な体力は備えられないかも知れません。だが、潜水経験をを豊富に持ってることを強みとして更に潜水の知識技能習得は機動潜水士でなければ成し遂げられないでしょう。
その協力を惜しみなく提供できるは、わが国で最高峰の潜水士指導を有している日本公的機関救助潜水士養成センター(略称JPRC)だけなのです。JPRCの指導者名称を潜術士と呼称しています。この潜術士こそこれからの潜水改革を成し遂げていく存在でもあります。この潜術士の称号は機動潜水士の方々も更なる実績を積み重ねると取得可能です。機動潜水士の方々もこの潜術士の称号取得にも技能向上を計ってください。

あなたの地域で水難事故ゼロを目指した啓発活動そして潜水事故等に遭遇し場合には、一次捜索救助潜水活動ができたらどうでしょうか。事態は大きく変わることでしょう。
あなたが機動潜水士に登録することを強く求めています。
是非、あなたの持っているダイビングのスキルを社会のために役立てる行動を起こしてください。機動潜水士の活動はボランティアです。
私も、機動潜水士に登録しています。一緒に活動しましょう。
   

写真の左は、滋賀県の機動潜水士で、只今、海外で修行中です。右の写真は、東京都の機動潜水士で現在。首都機動潜水士団長として活動しています。
あなたも新たなるダイバーの一歩をこの機動潜水士で踏み出しましょう。


・首都機動潜水士団・・・・・・士団にお問い合わせはここからお願いします
・四国機動潜水士団・・・・・・士団にお問い合わせはここからお願いします

機動潜水士定款

*お問合せの際はどこの士団にお問合せかをお書きください


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

一般の方が楽しく安全に,ダイビングを行うためにレクレーションダイビングインストラクター(潜術士)から潜水教育を受けることをお勧めします。そのためにJPRCは,潜水は教育として捉えています。わが国で,最高峰のレクレーションダイバー育成にも積極的に取り組んでいます。JPRC:日本公的機関救助潜水士養成センターが発行する認定証を取得できるのはこの潜水教育すべての授業習得をしたあなただけに発行するものです。これが自己管理ができるレジャーダイバーなのです。





 初級潜水士課程への参加は、18才以上で心身ともに健康な方ならどなたでも何時でも受講できます。潜水の基本的な知識は、潜水士テキストを使用した学科講習ですので後に潜水士免許取得の早道にもなります。JPRCとは日本公的機関救助潜水士養成センターの略称です。主たる指導は公的機関にて潜水に従事する潜水士養成です。一般の既存のダイバーからの強い要請によりレジャーダイバー専用のカリキュラムを用意して講習を行っています。これからダイビングを始めたい方は勿論ですが既存のダイバーの方々ももう一度潜水を見直すために受講して安全潜水に努めてください。
 上級潜水士となるためには中級潜水士としての全てのスキルを確実習得してるこが絶対条件です。潜水医学の学習は勿論ですが潜水で使用する資器材について使用目的や予測できる危険性やリカバリー方法などをこの課程において自ら体験した講習となります。よって上級潜水士課程では全て課題方式として受講生自身が問題を解決していただきます。既存のダイバーの方々も是非、受講していただきわが国の潜水事故ゼロに寄与してただきたいと思います。
 一般救助潜水士課程は、上級潜水士の課程を取得している方でJPRCの正規指導教官が受講を認めた者のみが学習できます。講習内容は文字通り救助潜水ですので知・技・体・気力が必要となります。潜水救助は時として自分の生命も危機にさらさなければならいほど過酷です。一般のレスキューダイバーと同じ気持ちでの受講はできませんので受講希望者は指導教官にお尋ねください。

日本公的機関救助潜水士養成センターは、既存の指導団体の位置付けではありません。認定証の販売や器材販売は推奨していません。あくまでも潜水指導を専門とする機関です。あなたのfun divingの安全を最大限確保した教育を行います。この潜水カリキュラムをを開催できるのは”潜術士”のみです。現在、レクレーションダイビングをされる方は、真の潜水指導教育を習うのでなく指導団体という名前で潜水をされる方が多いのです。チョットお待ちください!考えてみてください。潜水は水という物質と高い水圧にばく露される人間のあらゆる組織に計り知れないダメージを及ぼす環境なのです。こうした高圧にばく露され潜水病に罹患するかも知れないことは漠然と知るに過ぎないダイバーが圧倒的に多いのです。この恐ろしい減圧障害に陥って初めて潜水の恐さを知るダイバーも居るんです。その時はもうどうしょうもなく手遅れとなるのです。これは最初の潜水教育のお粗末差が起因してるといっても過言ではありません。指導機関は、この危ないという言葉をほぼ禁句にしてジネス優先化してしまってるのです。このことは、教わる側も教える側も潜水の危険性を深く考えていないということです。

よくよく考えて潜水指導を受講していただきたいと思います。これだけは知っておいてく

ださい。器材販売に力を入れている指導員からの指導は避けてください。多分、このよ

うな指導員は潜水は100%器材に頼って行うものであるから自分の器材を持ってダイビ

ング活動をすることが安全につながるなどと最もらしいフレーズを言葉にするでしょう。

まだ潜水指導に入ってない段階から器材の購入を勧めるという指導員は真の潜水指導員はないことを知りなさい。教わる側もこれから始める潜水に対して指導団体名などで判断することは大変危険な行動です。レクレーションダイビングを活動するのに潜水免許なるものは存在しません。わが国では潜水を仕事にする方は潜水士免許を受けた者でなければ業務に就くことはできません。従って、あなたは余暇を利用して楽しみたいのですから免許や資格というものの認定などといったものはまったく不必要なのです。このこともよく考えてダイビングを安全に楽しむことです。是非、自分が安全に楽しむための潜水教育を受講してください。潜水についての疑問など何でもご相談ください。また既存のダイバーの方も今のダイビングの有り方などに疑問を感じてる方も是非、ご相談してください。ともに考え正しいと思える答えを一緒に探しましょう。そして更に安全ダイバーを目指すのであればレクリエーションダイバーも潜水士免許を取得することを強く希望します。そじて、潜水事故ゼロを目指しましょう。



JPRCは、潜水改革を目指します