〒893-0025 鹿児島県鹿屋市西祓川町1133-50
+81994350011
info@jprc.jp

潜術士

すべては動機から始まる!

潜術士専用ページ

 

世界に誇る,JPRCの潜水指導者の称号名,それが”潜術士”です。

潜術士とは文字通り潜水の術を習得した高い知識と優れた技能を有した者です。この潜術士の称号は,日本公的機関救助潜水士養成センターが認めた潜水士に付与する指導者資格です。

既存のレジゃーダイビングのインストラクターとは全く違った教育方で公的機関専門の潜水指導者です。

これまでレジャーダイビングの指導を受けた公的機関の潜水士や自署管内で潜水を学んだ隊員も是非、JPRCの潜術士より教育を受けてください。

これまで行ってきた潜水との違いや,はたまたまったく知らなかった知識や技の教育を受けることでしょう。


我々は,潜水指導のプロとして責任の自覚を明確にしています。

教育におけるあらゆるトラブルも開催した潜術士が100%の責任を負うことが当たり前です。

からこそ教育指導には妥協せず訓練生の一挙手一投足に全神経をいきわたらせた潜術士は,みずからの責任の回避はいたしません。


ゆえに国家ライセンスである潜水士免許とスキルを持って”ドクターX”の考えと相通ずると思いますが、この潜水士というライセンスと己のスキルで活動します。

潜術士は,世界の潜水指導のステージに自信と誇りを持って立ち向かうことができます。

貴機関の潜水への対応や考えをお聞かせください。若し足りてないと思うのであれば,潜水隊員を日本公的機関救助潜水士養成センターの教育を受講させてください。


潜術士になる!

・潜術士を目指したい方は潜水士免許を受けた者です。

・性別は問いません。

レジャーダイビングの指導員と呼ばれる方は潜術士の称号を取得することはできません。

ただし,次のことを認識できる方は除外します。

1.レジゃーダイビングの洗脳を自己解凍ができる。

2.規律ある行動がとれる。

3.指揮命令が行える。

4.潜水改革の必要性を感じてる

5.非社会的活動者でない。

6.JPRCの全カリキュラムを教育できる。

7.その他


 

公的機関に対する潜水士教育は、国民の生命を水の事故から守るためであることをJPRCは最大限理解しています。

妥協を許さない潜水教育は,単に自己アピールのためではありません。