〒893-0025 鹿児島県鹿屋市西秡川町1133-50
+81 994 35 0011
お問合せフォームへGo! → →

SDGs

すべては動機から始まる

持続可能な目標


日本公的機関救助潜水士養成センターは”SDGs”の目標4と目標14にできる限り努力します。

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。



理屈は必要ない!

“何ができるかでなく何をやるかである”


・潜水事故を無くすためには潜水教育が課題だと思います。‥目標 4

・日本公的機関救助潜水士養成センターにできる海の資源を考えます。・・目標 14


 潜水事故を無くすためには,他人の命を預かる教育が必要であろう。営利優先主義の現在の潜水は近い将来には潜水を志す者が居なくなるであろう,それはレジャーダイビングのインストラクターと名のる者への再教育と潜水への更なる認識が必要であると考える。

海を最大のフィールドとするダイビングでは知らずして自然を破壊してるかも知れない。表面では自然破壊をしないダイビングをしてるつもりでも海洋生物にとってはダイバーそのものものが海へ入る行為をよしとしてないかも知れない,そのために海洋生物の居場所をなくしてるのでは?


 潜水を健康な人なら性別,年齢に関係なく誰もができる遊びへと導くものにしたい。
潜水は何も重たいボンベを背負ってするものだと思っている方は,勘違いもいいとこだ。

 潜水には,大きく分けると”軽装備潜水”や重装備潜水”があります。
・軽装備潜水とは:水中メガネ・スノーケル・足ひれ等を使用して行う。

・重装備潜水とは:軽装備潜水の器具に水中で呼吸困難できる器具を使用して行います。

 その他に,スノーケリングという遊びもありますがこれはダイビングとして扱われません。簡単に何方でもエントリーできて水面から水中を観察できる遊びです。

 水の環境は,空気環境と違い我々人間を容易くは受け入れてはくれません。何故でしょう?それは人間が水の性質と環境をないがしろにして遊びと楽しさを優先して水のことを知らな過ぎるからです。水で遊び,または生業とする者は,水という物質の”海”川”または”湖”などの自然の学びをすることです。

 日本公的機関救助潜水士養成センターは.SDGsの4の目標と14の目標を成し遂げるため潜水指導を通して教育と海洋と川の資源を守る活動をします。これまでのような営利を考えた潜水は人々から遠ざかれるかも知れません。営利を考えるとスクーバ潜水かもしれませんがスノーケリングの普及は後のダイバーを増やしていけるかもしれません。目先の営業だけでなく未来への投資も考えることが持続可能だと思います。

”人間が豊かで,楽しく余暇を暮らしていける未来のために”

 潜水を健康な人なら性別,年齢に関係なく誰もができる遊びへと導くものにしたい。潜水は何も重たいボンベを背負ってするものだと思っている方は,勘違いもいいとこだ。

 潜水には,大きく分けると”軽装備潜水”や重装備潜水”があります。
・軽装備潜水とは:水中メガネ・スノーケル・足ひれ等を使用して行う。

・重装備潜水とは:軽装備潜水の器具に水中で呼吸困難できる器具を使用して行います。

 その他に,スノーケリングという遊びもありますがこれはダイビングとして扱われません。簡単に何方でもエントリーできて水面から水中を観察できる遊びです。

 水の環境は,空気環境と違い我々人間を容易くは受け入れてはくれません。何故でしょう?それは人間が水の性質と環境をないがしろにして遊びと楽しさを優先して水のことを知らな過ぎるからです。水で遊び,または生業とする者は,水という物質の”海”川”または”湖”などの自然の学びをすることです。

 日本公的機関救助潜水士養成センターは.SDGsの4の目標と14の目標を成し遂げるため潜水指導を通して教育と海洋と川の資源を守る活動をします。これまでのような営利を考えた潜水は人々から遠ざかれるかも知れません。営利を考えるとスクーバ潜水かもしれませんがスノーケリングの普及は後のダイバーを増やしていけるかもしれません。目先の営業だけでなく未来への投資も考えることが持続可能だと思います。

・持続可能な潜水にしていく行動をしなけらばならないでしょう。

・今の潜水の問題点を解決すべく開発して安心して行えるダイビングにしければなりません。


 日本公的機関救助潜水士養成センターは,地球人として地球を守り自分の生活を豊かかで幸せな未来しなければと考えます。


 潜水事業所,漁業者もレジャーダイビングのインストラクターと名乗っている方も遊びとしてるダイバーの方も海を共有のフィールドとして持続可能にしていくべきだと思います。


いろいろな人たちや事業所が一緒になっいてSDGsを達成する

日々の生活からSDGsを考え見つけみましょう。


 日本公的機関救助潜水士養成センターとダイビングや海のことを考えてみたいと思える方は,是非、SDGsで考えていきましょう。


確かな教育と藍の海を未来の子供たちへ


 日本公的機関救助潜水士養成センターとともに”SDGs”を考えてみたいと思う方は,ダイバーに関係なく語らいそして行動していきましょう。


連絡先
〒893-0025 鹿児島県鹿屋市西秡川町1133-50

電話:0994-35-0011

お問い合せ → フォーム