〒893-0025鹿児島県鹿屋市西祓川町1133-50
+81994350011
お問合せフォームへ→Go

SDGsへの取り組み

すべては動機から始まる

    


潜水も持続可能な開発目標に取り組むことが必要!

17項目の4と14で潜水改革を達成したい!一緒に取り組む持続可能な潜水を。



確かな潜水教育は,日本公的機関救助潜水士養成センターが担います。



SDGs(エスディージーズ)」とは、2015年に国連が全会一致で採択した「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。「貧困をなくす」「気候変動に具体的な対策を」「産業と技術革新の基盤をつくる」といった17項目と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

 潜水業界においても,社会貢献はもより未来において収益を考えた持続可能型の潜水環境を創り上げる必要があるでしょう。


 潜水を持続可能型にするためにはこれまでの潜水では,決して好ましいとは思えません。

日本公的機関救助潜水士養成センターが打ち出して

る潜水改革が今,まさに陽の目を浴びようとしています。


潜水の不適切は行為において一般の方々が亡くなるという恐ろしい事象が発生しています。

潜水業を生業とする者は,この経営リスクをエビデンスに基づき回避する必要があることに気付かなければなりません。


SDGsは,世界共通のゴールとしています。潜水は関係ないと思ってる方は,この国連にて満場一致で採択さされたゴールにたどりつけないかも知れない。


既存の,ダイバー養成では到底未来のダイビングの在り方に開発のが及ばい時代遅れの潜水業界となる可能性あるでしょう。

現状は,確かに大切ですが,未来への投資も忘れてはならい持続可能なダイビング業界しなければ潜水士の社会的地位はこれまでと変わらない封建的な潜水環境のままだと思います。


日本公的機関救助潜水士養成センターとともに未来のダイビングを妄想して改革してまいりましょう。


思いを,形にしていきましょう。