〒893-0025鹿児島県鹿屋市西祓川町1133-50
+81994350011
お問合せフォームへ→Go

徒然海

すべては動機から始まる


日本公的機関救助潜水士養成センターが,その日の出来事を書き込んでいます。書き込んだ内容への誹謗中傷は、ご遠慮ください。


2022年6月24日(金) ☁曇り

今日は(今朝),4時起床で資料づくりにパソコンと正対している。文章を打ち込んでいる文字に障害だとか蘇生法の文字などを打っていると,救助や捜索ということについて考えてしまう。今の自分にやれることは何だろう?救助や捜索といった行動は最終的であるはずである。動物は,身を守る術を生まれたときから母親に教わっている。事故を未然に防ぐためには人間も幼児教育の中に自分を守るというカリキュラムが必要ではないだろうか?と考える。確かに,救助や捜索などの訓練は必要です。まだまだ啓発活動に力を入れるべきのように思う。”水の事故”交通安全”火災予防”など危機管理教育は,幼児時期から行うことを提案したい。


2022年6月23日(木) はれ

今日は,晴れで南の風は吹けど蒸し暑い。最近のニュースの全てが事件や事故のニュースばかりである。こんなニュースばかり目と耳から入ってくると,気が滅入りそうであるのは僕だけなのか。世の中悲惨な状況であることは分かる。明るく幸せを感じるニュースはないのか!


2022年6月16日(木) ☁曇り

機動潜水士の登録を受け付けています。機動潜水士への登録は潜水士免許のみで登録できます。はあなたの潜水士免許を”機動潜水士”で役立ててみませんか!レジャーダイビングのC-カードではありません。日本公的機関救助潜水士養成センターで潜水のことを一緒に考え学んでいきましょう!あなたの潜水への熱き思いを歓迎します。

是非,お読みください。機動潜水士の考え!そして自分に意思で登録してください。


2022年6月13日(月)☔雨

今年は,関東地方が早く梅雨入り,九州南部はそれより遅く11日に梅雨入りしたとみられると発表されました。これから約1ヶ月ちかい期間雨の日が多く水害や土砂崩れそして水に事故にも細心の行動が必要となります。この時期に水に対する心がまえを身につけるようにしましょう。水の事故を防ぐアドバイスや講習は以下の機関で行っています。

・聞きたいことや知りたいことは,下記へお問い合わせください。

・日本公的機関救助潜水士養成センター・・・info@jprc.jp ←

・首都圏機動潜水士団・・・・・・・・・・・megalodon@icom.zaq.ne.jp ←

・四国機動潜水士団・・・・・・・・・・・・iceman.923@docomo.ne.jp ←

・中部機動潜水士団・・・・・・・・・・・・taizo@gifu-diving.jp ←